MENU

EP810Aの互換インクは発売済み?|互換インク探訪

EP810Aの互換インクはどれがいい?|互換インク探訪

 

 

EP-810A(EP810)の互換インクは発売されているのでしょうか

 

 

EP810Aは、EP880AとEP710Aの中間ランクのモデルとして2017年秋に発売されました。最上位モデルのEP880Aより、若干タッチパネルの大きさが小さい(2.7型)ですが、近年のプリンターのあらゆる機能はおおむね備えている便利モデルです。

 

 

EP810Aの互換インクはどれがいい?|互換インク探訪 EP-810Aの対応インクは「ITH-6CL」(イチョウインク)です。6CLは6色セットを表します。

 

 

EP810Aのインクは発売済み!

EP810A,EP-810A互換インク,インク,おすすめ

 

EP810A,EP-810A互換インク,インク,おすすめ

 

 

EP-810Aのインクはすでに開発が完了しています

 

 

EP810Aには下位モデルのEP710Aと同じインクが採用されています。

 

EP810Aは、前年度のモデルと同じインクを引き継いだため、
本体の発売から互換インクの発売を待たずに互換インクの恩恵にあずかれるというわけです。

 

本体と同時にインクの型番まで新しいものに変更された場合、互換インクも市場に出回っている従来品が使用できず、一から開発するという、エプソン純正とのいたちごっこがくり返される業界事情ですが、EP810Aでは、インク型番はそのまま従来のインクを使用しているため、互換インクはすでに市場に多数出回っています。

 

 

 

ただし、互換インクは品質の信頼できるものを使用すべきです。
その指標となるのが、ISO認定工場で品質管理を徹底しているかです。

 

EP810A,EP-810A互換インク,インク,おすすめ

 

工場の生産工程で品質管理を徹底しないと、不純物がインクに混入してしまいます。また、もとより品質の粗悪なインクであれば、インク粒子が粗っぽくなり、プリンターに目詰まりが起こります。「互換インクであればどこでもいい」というわけではないのです。(上はインクのチップスの契約する認定工場内の様子)

 

 

 

 

EP810Aの互換インクはどれがいい?

インク革命インクのチップスのISO認定工場で品質管理された互換インクがおすすめです。

 

 

 

 

 

インクのコストパフォーマンスは下の通りです。印刷画質を落とさず、純正比でおよそ1/2のコストにおさえられます! インク革命インクのチップスがおすすめです。インク革命は、翌日配達(一部除く)が可能です。


 

 

 

インク革命 2980円(税込)
インクのチップス 2780円(税込)
純正インク 5842円(税込・参考価格)

 

 

EP810Aの互換インクはどれがいい?|互換インク探訪

 

EP810Aの互換インクはどれがいい?|互換インク探訪

 

EP810Aの互換インクはどれがいい?|互換インク探訪

 

EP810Aの互換インクはどれがいい?|互換インク探訪
※上の写真はチップスでEP-880Aの互換インクを注文した時。コストは純正比で1/3弱であった。機種によっては1/6程度に。

 

 

 

 

EP-810Aのおすすめ互換インク/インク革命

 

 

 

EP-810Aのおすすめ互換インク/チップス

 

 

 

 

 

EP-810Aの純正インク(ITH-6CL)はこちら

 

 

 

EP810Aの互換インクはどれがいい?|互換インク探訪 EP-810Aの対応インクは「ITH-6CL」です。6CLは6色セットを表します。

 

 

EP810本体の解説はこちら

キヤノン

エプソン

brother

詰め替えインク

このページの先頭へ